高齢化社会へむかう日本を救うのは介護業界だ!

介護が今後の日本を救う

おすすめ記事

北欧に学ぶ少子化対策 北欧に学ぶ少子化対策

介護が今後の日本を救う

今の日本社会においてもっとも将来有望な業界といえば介護業界です。少子高齢化社会に向かう日本にとって「介護」が社会的課題であることは誰の目からみても明らかです。介護業界はIT産業に引けをとらず、加速度的に成長します。介護職員の待遇、人材不足の問題など、いくつかの課題も介護業界の成長とともに改善されていくことが期待されています。

おすすめカテゴリ

介護業界の今後

介護業界の今後

介護業界に対する印象として、仕事がつらい、給料が低いなどの悪いイメージを持つ人は少なくありません。事実、今後ますます人材不足となるであろう介護職の待遇改善は重要な課題です。しかし、介護業界は今の日本にとって貴重な成長産業であることも確かで、介護産業は今後10年の間に2倍になると予測されています。数十年の間には海外へ進出していくことになるでしょう。介護業界が成長することによって、介護職の待遇は改善され、高収入が期待できるだろうという声もあります。

おすすめカテゴリ

高齢者も介護を救う高齢者も介護を救う

介護業界に期待する人におすすめの記事