高齢化社会では、健康な高齢者が介護職として同世代をサポートする

介護が今後の日本を救う

おすすめ記事

北欧に学ぶ少子化対策 北欧に学ぶ少子化対策
2018.11.21

介護職として同世代をサポート

現場で求められる「現役シニア世代」

今や超高齢化社会となった日本において、介護職の人材不足は深刻な問題となっています。そんな中で、60代~80代のシニアヘルパーの存在が注目を集めています。体力などではもちろん若い人にはかないませんが、この世代だからこその豊富な人生経験が、介護の現場で生かせるためです。
「介護職員初任者研修修了者」の資格は、決まった期間講義を受ければ取得することができます。年齢の制限も無いため、取得に挑戦する元気な高齢者も多いです。たとえ資格を持っていなくても、介護施設で働くことは法律違反ではないので問題はありません。介護現場で、各々の得意な事を生かして役割を担当したり、体力的に無理のないシフト調整を行う事で高齢者のヘルパーを獲得できれば、人材不足の解消に繋がることでしょう。
2014年、公益財団法人介護労働安定センターの行った全国の介護事業所へのアンケートでは、60歳以上の高齢者ヘルパーの占める割合は34.3%との結果が出ており、年々増加傾向にあるようです。福祉の専門家によるとシニア世代向きの仕事は、要介護度の低い方への食事の支度や、洗濯に掃除といった家事の補助です。高齢者だからこそ、入居者の悩みに合わせたきめ細かいサポートが出来るからです。高齢者が働くのに適した場として、介護分野は今後ますますの注目を浴びることとなるでしょう。

現場で求められる「現役シニア世代」

介護の仕事なら「きらケア」

介護業界に特化したきらケアなら、職場の雰囲気や人間関係など職場の内部情報も教えてくれるので、安心して働くことができます。また、シフトなども専門スタッフが就業先と交渉してくれるので、待遇について心配することもありません。アフターサポートも万全で、高齢者から若い人まで充実した働き方を実現できます。介護のお仕事を探すなら、きらケアがおすすめです。

  • きらケアイメージ公式サイトに行く
介護の仕事なら「きらケア」

地域密着型で求人が豊富な「ツクイスタッフ」

全国展開で介護サービスを行っている株式会社ツクイの運営する、就職・転職支援サービスです。実際の現場で培われた実績があり、東証一部上場企業であるなど、信頼と安心感を持ってサポートを受けられます。専任のキャリアアドバイザーもおり、きめ細かいカウンセリングで一人一人の要望に応えます。さらに地域の情報を熟知しており、実際の現場から得た職場の様子から人間関係といった、普通の求人では分からない情報まで伝えてくれます。

こちらも無料の会員登録をすることで仕事に応募することができ、求人を選ぶ際の相談だけでなく、面接のアドバイスや賃金の交渉など全面的なサポートが受けられます。

地域密着型で求人が豊富な「ツクイスタッフ」

まとめ

介護に携わる労働者が増えないことは社会問題にもなっています。高齢者は介護される側だという固定概念を払拭し、元気な方は無理の無い範囲で働いて頂くことも考えていかなければなりません。そのためには助成金などの国や自治体のサポートも不可欠でしょう。もし、興味を持って頂いて「よし。やってみよう!」と思った方は、上にご紹介したサイトに無料登録から初めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

おすすめカテゴリ

高齢者も介護を救う高齢者も介護を救う

介護業界に期待する人におすすめの記事